インスピレーションに満ちたデザイン

バンヤンツリー・ビンタンの明快な特徴として、緑豊かで成長の早い熱帯雨林という独特な立地があります。海に近くには椰子の木が多く植えられ、周辺地域の中で珍しい場所となっています。 樹齢100 年近い植物や、マレーソテツやクリヌム・リリーなど珍しい植物も生え、有機的な自然に囲まれた場所に位置します。 ヴィラは、伝統的な木製の高床式建築で地面よりも高い位置にあるため、木の上の体験を味わえます。リゾートのスイミング・プールには岩を削って造られたものがあります。

このリゾートの建築は、バリ風と伝統的な漁師の村の両方から大きな影響を受け、そこにアーキペラゴ現地の文化の要素を取り入れたものとなっています。 大理石、岩、木材、そして地元のチガヤという植物を建築材料として使用し、調和のとれた美しさの中に各リゾートの建物が配置されています。 インドネシアのろうけつ染めと熱帯樹木の葉がモチーフとなった布がリゾートの装飾としてあちらこちらに飾られ、ローカル・ライフの視点により深くひたることができます。