バンヤンツリー・プーケット・ダブルプール・ヴィラズについて

バンヤンツリー・プーケットが立つ土地は、1977 年の国連による調査でレポートに記録された特別な場所です。 レポートでは、この土地の自然が住環境開発のために修復不可能なほどに破壊されていることが指摘されました。 バンヤンツリーは穏やかな粘り強さで、この土地を元の状態に回復させました。 かつて酸で満たされたクレーターだった場所は、踊るような太陽の光が映り込む湖となり、シラサギやシベリアンダックなどの渡り鳥が、コミューンのラグーンに休息を求めてやって来るようになっています。