1

西渓湿地国立公園

この印象的な美しい景観の土地は、南宋の宋王朝が王宮を構える候補とした場所です。 現在は杭州の「緑色の肺」と呼ばれる西渓湿地国立公園は、西湖からわずか 5 キロです。 当公園は、文化的および農業的役割を持つ都市部の湿地としては中国唯一の湿地です。 この領域には 100 種を超える淡水魚と 200 種近くの鳥が生息しています。

2

西湖

西湖は中国の造園のモデルとなり、さまざまな時代の中国知識人たちの心のふるさととなってきた場所です。2011 年にはユネスコ世界遺産に登録されました。 60 平方キロメートルの面積がある西湖は、実際の湖面が 6.5 平方キロメートルに及び、湖面は木々に囲まれてその合間から日光が水面と植物を照らします。 ここでは 90 を超える中国様式の庭園と、60 箇所を超える古代の史跡を散策できます。

3

霊隠寺

仙霊の隠れ寺と言われたことから名付けられた霊隠寺は、西湖最大の名所です。 この寺は中国十大古刹の 1 つでもあります。 歴史的文化的価値から 1961 年に中国重要文化保護文化財に指定されたこの寺は、中国仏教史の文化研究の中心地ともなっています。

4

雷峰塔

この 71 メートルの雷峰塔は古代建築が復元された建物であり、地下宮に仏舎利が収められています。 この塔は中国四大民間伝承の 1 つ、白蛇伝の中心的舞台であることから有名です。

5

龍井茶園

山腹にある西湖は、1,200 年を超えて中国緑茶を産する地域です。 この地域のお茶は香りの高さ、澄んだ味わい、美しい茶葉の形で知られています。 毎年 3 月と 4 月は、多くの場合に雨の朝、龍井村で龍井茶の茶摘みができます。