1

桂林探訪

中国で最も美しい街として有名な桂林は、2 本の蛇行する川が澄みきった水をたたえ、天然の石灰岩が形作るカルスト地形の山々や奇岩に取り囲まれています。 桂林の名の由来はキンモクセイの木の香りです。桂林市は 2,000 年以上前の秦の時代に最初の居住者が住み始めました。 その後は唐、宋、元、明、清朝の各時代の皇帝たちの庇護を受け、繁栄してきました。

2

大榕樹公園

この公園は陽朔から南へ 7 km 半、金宝河沿いの高田鎮の近くにあり、東洋の山水画がそのまま実体化したかのような素晴らしい景観を楽しむことができます。

3

遇龍河

陽朔県を流れる 42.5 km の遇龍河は、両岸の景観に思わず目を奪われます。 とくに遇龍橋から青厄古渡までの眺めは最高です。

4

漓江クルーズ

漓江は桂林の旅のハイライトです。 珠江桟橋と陽朔の間の曲りくねった 54 km の漓江の両岸は、何千もの尖った山々が連なり、まるで幻想的な絵のようです。

5

両江四湖

漓江と桃花江の 2 つの川と、杉湖、榕湖、桂湖、および人造湖である木龍湖の 4 つの湖は、すべて水路で繋がっています。 これらは両江四湖の名で知られ、桂林の町々をつなぐ水路輸送システムとして使われています。

6

象鼻山

桃花江と漓江の合流地点に横たわる丘で、桂林市のエンブレムにもなっています。そのすぐ東の漓江側には訾洲という中州が広がっています。

7

蘆笛岩

桂林の北東部、光明山のふもとに蘆笛岩という名の洞窟があります。その名前は洞窟の入り口前に自生しているさまざまな葦(蘆)を使って良い笛がたくさん作られたことに由来しています。

8

畳彩山

This area is composed of Silver Hill, Yuyue Hill, Red Crown Crane Hill and Bright Moon Hill. 岩肌の亀裂が折り畳まれた織物を思わせるため、この名で呼ばれています。

9

伏波山

伏波山は桂林市内の漓江沿いに孤独にそびえる岩山です。 上に登ると、堯峰からの日の出、霧に包まれる訾洲、遠くの老人山など、魅惑的な景観を堪能できます。

10

七星岩公園

中国観光の名所として中国国家観光局に正式に認められた公園です。 134.7 ヘクタールもの広さがあり、桂林最大の総合公園となっています。 ラクダの形をした岩山、天然石のホール、七星岩、月牙亭など、見所は数知れません。歴史も長く、隋および唐の時代から景勝地として親しまれています。

11

銀子岩

陽朔から20 km、桂林から 85 km の所にある茘浦県梅林鎮で発見された洞窟です。

12

龍勝県の龍脊棚田

龍勝は桂林最大の見所の一つです。 中でも、竜の背中を意味する龍脊棚田の雄大な景色には圧倒されます。 その他、温泉や小さな山村なども見逃せません。

13

陽朔西街

陽朔県の中心部に位置する西街は、1,400 年にもおよぶ歴史を持つ、陽朔で最も古い通りです。 ここ 20 年あまりで、西街は東洋と西洋の文化の出会いの場に変貌し、今や中国で最も外国語が飛び交う街となっています。