1

Seychelles Eco-Friendly Marathon

セイシェルの名誉総領事である韓国の Dong Chang Jeong の提唱により始まったこのイベントは、健康的な生活の促進と、地元民と訪問者の融和を目的に行われます。 2008 年にセイシェル・マラソンが初めて開催され、330 人が参加しました。 The marathon is hosted by the Seychelles Islands, universally recognized as the Indian Ocean's jewel of pristine beauty, and starts and concludes at Beau Vallon Beach.

2

カーニバル・インターナショナル・デ・ヴィクトリア

セイシェルのヴィクトリア国際カーニバルは、活気に満ちた国際的な祝賀イベントで、3 日間にわたって催されます。 カーニバルには世界の融和と強調という願いが込められ、様々な参加国の特色に彩られたカラフルな山車の行列が練り歩きます。

3

セイシェルのナショナル・デー

毎年 6 月 18 日、セイシェルではナショナル・デーを祝います。 軍事パレードも行われますが、セイシェルの人々にとっては、このナショナル・デーは特別のものです。 花と音楽の祭典や、数々の文化イベントが催されます。これらは、社会の調和を促進するという願いが込められています。

4

セイシェルの独立記念日

6 月 29 日は、1976 年のセイシェル共和国独立を記念した国民の祝日です。 独立前のセイシェルは、イギリスの植民地であったり、フランス領モーリシャスの統治下にあったりしました。

5

聖母被昇天祭

毎年 8 月 15 日は、セイシェル諸島のラ・ディーグ島で、宗教的なお祭りが開催されます。 地元ではラ・ディーグ祭として知られています。このお祭りはラ・ディーグの人々にとって特別な意味があるもので、4 日間にわたって催されます。 セイシェルを訪れるならこちらもお勧めです。コンサート、フェア、ストリート・パーティー、伝統的な典礼といった催し物のどれもが、心に響くこと間違いありません。

6

Festival Kreol

クレオール・デーは 10 月 28 日に行われる、セイシェル人とクレオールのアイデンティティに祝意を表するお祭りです。 この島の文化を祝福する大規模な文化イベントで、音楽、ダンス、芸術、工芸、料理、習慣や生活様式など、クレオール文化のさまざまな側面を体験できます。